メメント・モリ
日々の出来事を綴っていけたらいきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎週日曜更新
目指して頑張ります

理由?
dinnerみてるときに更新できるから笑

いやー、確実に休みなのは日曜のみでしてねぇ
明日からはまた説明会の日々でありんす

マックは恋しいががんばらねば

うーん
書くことないな

大学終わったことぐらいかなぁ

一昨日、卒業検定の発表会を見に行って、結構ちゃんとやらんとダメなんだなと思ったことぐらい

あ、今日はAquaTimezのツアーファイナルでした

就活始まってるからいけないだろうなと思ってチケット購入しなかったのですが、いけたなぁと

当日券もあったみたいですが、やめました

何も考えずにライブに集中できる日がくるように、今は努力しようと思いました


なんもしないで不安になるより、まずやってみて失敗した方が成長できると思います
行動しないとね

俺なんて特に不器用だから失敗ばかりで、そのときはどうしようもなく落ち込むけど、振り返ってみるとね、
そういや昔はダメだったなぁwって笑い話になってましたw

それでも、失敗したり何かに挑戦する一歩を踏み出すのはこわいけどね


ある人が、「名言はいい人になりたくてなれない人のためにある」と言ってました
色んなとらえ方あるけど、俺は納得しました

多分そうだよね
自分を持ってる人や努力し続けてきた人は、名言は必要ないだろう

名言は自分の弱さを肯定してくれる言葉でもあると思う

でも、みんながみんな強い人じゃないからさ

子供のころは、大人たちは勉強ができるかできないかで子供たちを評価してきた
それはしょうがない
そこにしか判断材料がないんだから

でも、そこで評価されずに育ってしまった子供たちはトラウマになって自分に自信を失くす

俺もその一人
ろくに勉強もしてこなかったし、何かをもってるわけでもない
少しずつ大人になってくと、学歴だけが全てじゃないことが分かってくる
もちろん、学歴が学生を見るうえで最も大事な部分かもしれないけどね

まだ進路も決まってないし、これからどうなるかは分からないけど
自分から目を背けたらダメなんだと思う

勉強がダメなら他で自分の良さを表現すればいいと思うんです

俺は自分の良さをアピールしている人を認めてあげたい
頑張ってることを人に認められるだけで、それが確かなものになるから

バイトではそういう意識で働いてました


これからは、俺が面接官や社長に認めてもらえるように頑張る番ですな
自分を表現するのは下手くそだけど、やって失敗して気づくことがあると思うから

とにかく挑戦してみます

否定されることのほうが多いかもしれないけど、肯定してくれる人がいるなら、自信に繋がるしね

ほんと、就活の話ばかりですみませんw

春休みだから、どっか出かけたいけど暇がなさそうです。w

よし

なんだかんだ書けたから終わりにしよう


それでは

また次の日曜日(予定)

スポンサーサイト
dinner
こんばんは

毎週この時間は「dinner」をみてますw
ちゃんと毎週ドラマ観るのなんて何年ぶりだろうって感じ

江口洋介かっこいいね
最近は若手の俳優さんより、阿部寛とか佐々木蔵乃介とかそういう渋い系が好きですw

中学生のときはかかさずトリックみてたっけなぁ

最近なぜドラマみなくなったのか考えると、バイトで毎週決まった日の夜にいることがなくなったのがでかいなぁ

あと最近気づいたのが、涙もろいww
もうダメ
すぐ涙目になるw

1分間ぐらいの予告で涙したときは歳だと思いましたw

感情移入しやすくなったのかもしれんw

泣くことは悪いことじゃないと思いますけどね

昔はよく泣いてました

誰かのせいにもしたくなかったし、物にも当たりたくなかったから
泣くことでストレス解消してました

今は頼ってくれてる人がいるから大丈夫です
その人たちのために頑張ろうと思えます

頼りすぎてはダメだけど、頼ることは弱さじゃないです
俺も色んな人に頼って、考えてここまでこれました

自分の思いを吐けないなんて苦しいじゃないですか
その思いに間違いも正しいもありません

俺がまだ高校生のとき、頼れる先輩がいて
何かあるとすぐ相談してました
否定せず、全てを聞いてくれました
聞いた上でヒントを教えてくれました
今は社会人でなかなか会えないけど、助けられました
いつでもかっけーんすよねぇw

今は少し大人になって、俺もああいう人になりたいと思いました
だって、やっぱり目指すならかっこいい人になりたいじゃん(顔とかじゃなくね)
そうやって、憧れを追い続けていければ、よくなっていけると思うんです


さ、そして最近の話w

昨日は、2週間ぶりぐらいのバイトでした

うーん
やっぱ、支えられてきた場所だ

ただただ働くのが楽しくてあっという間でした

でも、俺はバイトと就活を両立できるほど器用なやつではないと思うからバイト先の環境に甘えないように消えます

といっても、マネージャーいなすぎてたまに頼まれて入ると思いますが優しくしていただけるとありがたいです

ほんとに温かいね
あの職場の輪に入れてることが誇りだし、新しい人たちを輪にいれてあげられるよう頑張るのも俺の仕事です
みんなが「ここでバイトしてよかった」と思えるように
そうやって、今までも続いてきたしね

まさか、俺や粕谷たちが上に立つなんて考えもしなかったけどw
でも、ありがたいです
上に立つには相応しくないのは自分が一番分かってるけど、周りが押し上げてくれてることに感謝します


さて、ベッドには3匹の猫

枕に1匹、足元に1匹、真ん中に1匹
猫にもなんとなくポジションがある

俺が猫ちゃん3匹に好かれてるのか、ただ俺のベッドが好きなのか
それは分からないが
3匹全部集まると俺寝れんw

無理やり入ると威嚇する
「邪魔すんなよ・・・」って目で睨んでくる

うむー
可愛い

はい、親ばかです、猫と接してる態度が一番気持ち悪いのは自覚してます

さ、やることやって一緒に寝ようw

また近いうち更新します
では。
>>続きを読む
晴耕雨読
晴耕雨読(せいこううどく)

意味は、晴れた日には田畑を耕し、雨の日には家で読書すること。
世間の煩わしさを離れて自由気ままに生活することで、悠々自適として自然のままに生きる様をいう。
晴れた日は外で活動し、雨ならば内にて活動する人間本来の姿を示す。

です。(コピペですすみません☆)

まぁ、生活がどうとかってわけじゃないけど、気ままに自分らしく毎日を過ごしたいなと思ってw

人は生きてるとさ、楽しいこととか嬉しいこと、悲しいこと辛いことがあるじゃないですか

楽しいことや嬉しいことは、そうだな
誰かに認められたり、告白されたり、友達と遊んだり、好きなことしたりさ
もちろん大事なことだし、なんとなくだけど生きてるのは素晴らしいなと思う
俺は、信頼できる友達がいることが嬉しい
だから一人でも全然平気なんだと思う

悲しいことや辛いことは
大切な人を失ったときや、裏切られたとき、自分を認めてもらえなかったときとか色々あるね
俺個人でいえば、亡き祖母に伝えなければいけないことを伝えられなかったことや、大学、バイトでの人間関係、家族との向き合い方とかね。

そういう心の浮き沈みがたくさんある人は強い人だと思うんです
特に沈むことが多い人はね

沈んでも沈んでもまた浮き上がってきているのだから、知らず知らずのうちに強くなっているんだろうなと

そこに周りの環境は関係ない

だって、他人から見れば自分の悩みなんてちっぽけで、100%理解してもらうなんて不可能だから
自分で考え方を変えてモチベーションを維持するしかないわけで

俺は小中高の時代まだ人見知りだったし、周りが見えてなかったから、いじけては何かにあたって、「なんで俺だけが」なんて思ってた

大学に入学してからかな
そんな自分がたまらなく恥ずかしくなって、変わりたいと思うようになったのは
やっぱり、変わりたいと思って努力しなきゃ変われないんだと思う
一番の自分の理解者は自分だし、そこには甘えがあるんだよね

俺が変われたのは(周りからみたら変わってないかもしれないw)、自分が嫌いになったからだと思う
こんな自分が嫌で嫌でたまらない時期があったから、その時に自分を客観的に見るようになった

そして今に至る。w
今は、高校時代の自分よりは自分を認めてあげられるかなww
でも、まだまだ変わりたいと思います
意識すればするほど、よくなれると信じてます。w


さっき、他人の悩みを理解するのは無理と書いたが、手をさしのべることはできると思ってます
だから人の相談はよくのるし、俺の頭で出せる最大限の手助けができるよう努力してます
結局、答えをだして行動していくのは自分以外にいないわけだからね

相談にのりたがるのは、なんとかしてあげたいし、その人の辛そうな顔をみたくないってのもあるけど、一番は俺自身が後悔したくないから

手助けする機会があるのに知らんぷりして、その人は自分自身を傷つける
それって、めちゃくちゃ悲しいじゃないですか
だから、そうはさせたくないって気持ちがあるから、お節介だと思われてるかもしれないけど相談聞いてます


多分考え方偏ってるけど、こんなことを考えながら毎日過ごしています。
読み返してないけど、多分意味わかりにくいとこが多々あります。すみませんw

泣きたいときは泣けばいいし、笑いたいときは笑えばいい
単純なほうが気楽に生きていけると思います
やらなきゃいけないときだけしっかりやればねw

今は(というかここ3年ぐらいは)、笑いたいから毎日笑ってるんですw

年を重ねると社会というもんがみえてきて、現実は重くなるが軽やかさだけは忘れずに過ごしてます

ということで、軽やかにベッドに入って寝ますw
起きるときは重たい現実を噛みしめながら、軽い毛布から出るのです

では。w
また更新します(^_^)/
>>続きを読む
やっぱり
俺は頑張ってるとかすごいとかいばるんじゃなくて、俺はすごくないって、当たり前のことをしているだけって胸を張って言える人になりたい。

おばあちゃん
こんばんは

今日はお休みでした

先週風邪をひきまして、大学に試験にバイトに休みがなかったので、やっとお休みでした

試験とは、基本情報技術者試験

多分落ちました

勉強不足でした

でも、春に向けて頑張ろうと思える試験でした

何事もポジティブにいきたいですね

ポジティブすぎてうざくなりすぎない程度にw

さて、今回は今は亡きおばあちゃんの話をしましょうかねぇ

俺に優しさとはなにかを教えてくれた人でした

まだ本当の優しさがなにかは分からないけど、誰かのために行動できるようになったのは、おばあちゃんのおかげだと思っています

いなくなってしまったのは今から2年半前の4月1日

うちは共働きで、俺が生まれたときにはもうおじいちゃんはいなかったから、いつも家にいたのはおばあちゃんだった

俺が小学生のときは毎日遊んでもらってた
両親よりも沢山会話してたと思うし、両親よりも好きな人でした

足が悪くて、なかなか遠出はできなかったんだけど、半年に1回ぐらい近くのデパートまでいって買い物したことは今でも覚えてます

俺には特に優しくしてくれて、色々なものを買ってもらったりお年玉も沢山もらってました

今思うと、甘えすぎてたのかなと思います

姉よりも優しくされたので、よくそれで喧嘩になったっけな

姉は俺が優しくされてるとすぐきれるんだよね

おばあちゃんでも、母でも

今も大して変わってなくて、姉が家からいなくなってほっとしてます

いい加減大人になれよ。って思うけどね

まあ、関わってないからどうでもいいんだけどさ

おばあちゃんの話に戻ろうw

小学生から中学までの間は一緒にいる時間が一番長かったと思う

学校から帰ってから、両親が仕事から帰ってくるまでの間ずっと喋ったり遊んだり

テレビゲームやると、「うまいね」とか「すごいね」とかほめてくれた

多分、複雑だったから何がなんだかわかってなかったと思うけど、それでもほめられるのが嬉しかった


高校にあがると、少し反抗期になりバイトも始めたからおばあちゃんと会話する機会も次第に減っていってしまった

おばあちゃんは、「さみしくなった」って言ってたけど、あの時の俺はあんまり聞く耳をもってなかった

反抗期ってバカみたいだよね
両親と仲良いのが恥ずかしいとか、周りの目が気になるとか、そんなことどうでもいいのに

そして、おばあちゃんは病気にかかってしまった

入退院を繰り返していくうちに認知症にもなってしまい、俺のこと忘れたり、思いだしたりしてた

トイレとかも自分でできなくて、夜中に起こされたり、ご飯食べたあとにご飯食べようとしたり

だんだんとおばあちゃんが嫌になっていた自分がいた

そして、どんどん話さなくなった

そんなあるとき、夜おばあちゃんがトイレに行きたいといって、一緒に行ったとき、「いつもごめんね」って言われた

多分記憶がなくなっていくことも、家族に迷惑かけてることも苦しかったんだと思う

俺はあんとき初めておばあちゃんが一番辛いことに気が付いて、嫌になってた自分を恨んだ

それからは、どう接していいか分からなくなっちゃって、結局なにもできずにおばあちゃんはいなくなってしまった

今も、おばあちゃんに対する後悔はなくならず、謝れなかった自分が憎い

もし、もう一度会えるならまずはじめにごめんなさいを言いたい

いつもニコニコしてて、どんなときも声を荒げずに穏やかな声で俺の名前を呼んでくれた

あれが優しさだということをおばあちゃんがいなくなってから知った

俺もおばあちゃんのような人柄になれているかは分からないけど、いつかはそうなりたいです

関わってくれている人に感謝できるようになったのは、また失ってから後悔したくないからかもしれない

別れや悲しみが人を成長させる

もう同じ過ちを繰り返さないように、自分の小さなプライドで人を傷つけることがないように

後悔ばかりだけど、その後悔があったからこそ今の自分があります

運やめぐりあわせで思い通りにいかないときは、おばあちゃんの笑顔を思い出して頑張れる
これが俺の優しい記憶

仲が良かったときも、今もこれからも、ずっとかけがえのない存在です。

沢山のことを学びました

前にも書いたけど、大切に想うことと大切にすることは違う

これもおばあちゃんが教えてくれたこと

想うだけじゃきっと後悔するから

守りたい人には行動で示すしかないんです

プライドなんて捨ててちゃんと、「ありがとう」「ごめんなさい」がいえるように


ここまで読んでくれた人がいたならうれしいです
長々すみません(

まとめる能力がないので(

でも、本当におばあちゃんは忘れることのできない人です。

また明日笑顔で頑張ります!w

それでは
バイバイ!(゚▽゚*)ノ~~


copyright © 2017 メメント・モリ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。